空を見上げて☆

アトピーと化学物質過敏症~回復の記録~

【シックハウス対策リフォーム】クローゼットがトイレに!

 

こんにちは、志乃です☆

実家の2世帯同居に向けてのプチリフォーム
第2弾!今回は
2階にトイレの増設をした紹介です(^^)

 

第1弾はキッチンです

www.shi-no-s.com

 

※基本情報
私は化学物質過敏症ですので
化学物質を放出させない
リフォーム工事が大前提です

 

▼▼▼トイレの配置▼▼▼

 

f:id:SHI_NO:20190504152001j:plain

 

写真右側のガラス引き戸 ⇧
ここがトイレを増設した場所です
この部屋は元両親の寝室で
壁一面クローゼットだった所をとりこわし

キッチンとトイレにリフォームしました

 

トイレがダイニングテーブル前!なのは

 2階に水回りを持ってくるため

配管の関係上この位置しかなかった…

からです(-_-;)

 

▼▼▼トイレ内部▼▼▼

 

ではガラス戸を開けて中を見てみましょう

 

f:id:SHI_NO:20190508174507j:plain

 

TOTO ピュアレストQR 

トイレ本体は陶器、便座は樹脂製と

化学的臭いの心配なかったのですが 

課題は

1.ビニールクロス

2.合板フローリングorクッションフロア

 などの化学的な臭いを放出する物を使わず

掃除しやすくトイレに適した素材は?』

といった事を考えてリフォームしました

 

◆◆トイレの壁に採用した素材◆◆

 

f:id:SHI_NO:20190508181318j:plain

 

◆ホーローパネル(壁、下部)◆

バラの絵柄部分は

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タカラスタンダード

ホーロークリーントイレパネル

壁面用(全周タイプ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

写真のバラの絵柄は現在なくて

今あるカラーからだと

『アラベスク』に雰囲気が近いですね

 

ホーローパネルは

ホルムアルデヒド発散ゼロだそうで

安心素材(*^^)v

それにトイレの飛び散り汚れが

染み込んでいかない、サッと水拭きできる

とても優秀なパネルです!

 

◆漆喰(壁、上部)◆

ライトグレーの部分が漆喰

 こちら化学物質過敏症対応の商品で

漆喰独特の臭いが少ないとのこと

この漆喰については

居間の壁に施工しているので

そちらの記事でまた紹介させて下さい(^^)

 

 ◆トイレ床◆

 

f:id:SHI_NO:20190509182519j:plain

 合板フローリングorクッションフロア

 これらは化学的な臭いの問題で使えません

そこで

無垢材の上にUVウレタン塗装

されている物を選びました

こちら無垢材でも

表面にコーティングがあります

リフォームから3年間

使い捨てウェットシートで掃除してますが

今のところ目立ったダメージはないです

 

さんざん「化学臭が~!」と言っておいて

UVウレタン塗装って大丈夫?

と疑問に思った方も多いでしょう(^^;

でも塗装が完全乾燥してしまえば

個人差はあると思いますが

この病気でも使用できる方が多いらしいです

 

それよりリォーム後しばらくは無垢材の

"木のにおい"の方が気になりました

でも1ヶ月ほどで薄れていって

ホッとひと安心(^^)

 

自然素材のはずの無垢の木ですが

化学物質過敏症の方は木材のにおいに

反応する人が多いと聞きます

私もそうです(^^;

病気の原因となったリフォームで

スギ無垢材を使用ましたが臭いがキツク

耐えられませんでした

 

私がフローリングを購入したのは

パハロカンパーナ自然住宅研究所です

数種類のサンプルからにおいを確認して

臭いと思わない木の種類を選びました

ちなみにクルミ材が私には良かった♪ 

 

▼▼▼トイレのドア▼▼▼

 

クローゼットだっ所をトイレにしたため

この空間には窓がありません

リフォームの時、トイレ内部に

窓を作るのは出来たのでしょうが

お金の面で断念せざるを得ず…

 

そこで幸いにも

トイレを出てすぐ横には窓があります

そこから採光をとろう!と考えました

で、その結果が⇩

f:id:SHI_NO:20190509182915j:plain

トイレ本体があまりに透けて見えるので

 右下側は目隠しシートを貼っています(-_-;)

 

トイレの開口部をガラスの引き戸にする事で

横の窓から光を取り込むことに成功(^^)

昼間は電気いりません!

 

こちらの商品は

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三協アルミ

 インテリア建材 AMiS(アミス) 

 室内引戸

 熱処理ガラス(フロスト透明)

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

アルミとガラスで構成されているので

化学的な臭いも心配なく安心(^^)

私はガラスタイプを選びましたが

ポリカーボネートタイプもあります

 

そこで 

インテリア建材 AMiS(アミス) 

 室内引戸の 

ガラスとポリカーボネートを比較して

なぜガラスタイプが良いと思ったのか

書いていきます

 

《化学的な臭い》

サンプル確認では感じなく

実際に設置してもガラスため無臭  

→ポリカーボネートの方はサンプル確認時

ほんの少し製造臭を感じました

軽度の方は気にならないレベルかも?

 

《質感》

ガラスの方がより高級感を私は感じました

 

反面、ガラスタイプの

気になるところもあるわけで…

やはり地震が起こった時

割れるガラスは安全面で心配(-_-;)

 

◆◆トイレの音・におい問題◆◆ 

 

トイレ開口部が

ガラス引き戸の写真を見たら

一番気になるのが

音・においに関してだと思います

 

これはご想像の通り

音はほぼ遮りませんし

"におい"についても

密閉性が低い引き戸です

トイレ内部にもちろん

換気扇を設置していますが

それでも時によって部屋の空気感が

"怪しげ"になることも…(^^;

 

でもガラスタイプではない

通常の壁+木のドアでも

直近にいたら音、聞こえますよね?

私は窓のないトイレに光を入れたかったし

狭いトイレの閉塞感も苦手…

物事にはメリット、デメリットが

存在するものですね

 

それに何十年後

介護で排泄ケアが必要になる可能性も…

その時お互いのトイレ気配が分かる

今の状況の方が

心理的抵抗感は少ないのかなぁ

などと思っています(^^)

無理矢理メリット

見つけ出した感ありますが(^^;

 

それでは

今日もステキな1日を♪

おやすみなさいのあなたはいい夢を☆

 

 

見に来てくださりありがとうございます!

クリックしていただけると嬉しいです (^^)

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村